2015 年 12 月 26 日(土)、27 日(日) 、 大阪府立大学 I-site なんばにて

第1回 PDA高校生即興型英語ディベート全国大会を開催しました。

いよいよ開会式です。

ジャッジの手順説明です。

一斉に第1ラウンドが始まりました。

第1ラウンドの論題は、We should outsource coaching of club activities. 

(部活動の指導を外注すべきである。)です。

POI(質疑応答)もたくさん交わされます。

第2ラウンドの論題は、Reduced tax rate should be applied to newspapers. 

(新聞に軽減税率を適用すべきだ。)です。

ビデオ通話システムを使い、英国のトップディベータらのレクチャーを受けました。

講師は英国外務省 シャノン ターナー氏(上記写真)、

ストラスクライド大学ディベート元会長 マイケル ヘップバーン氏。

第3ラウンドの論題は、Pictures of the ex-boyfriend/girlfriend should be thrown away.

(別れた恋人の写真は捨てるべきだ。)です。

ジャッジも真剣です。ディベートのあとのジャッジのコメントを生徒は真剣に聞いていました。

第4(予選最終)ラウンド論題は、Same-sex marriage should be legalized.

(同性婚を合法化すべきだ。)です。

ディベートの後は、握手でよい雰囲気です。

全国大会【2日目】へ続く