2日目の決勝に残っているか、ドキドキです。

涙あり、笑いありでの結果発表です。

================

  • 1st place                                                           SHIBUYA A
  • 2nd place                                                          AGATAGAOKA
  • 3rd place                                                           SHIBUYA B
  • 4th place                                                           UTSUJO B
  • 5th place                                                           TSUKUKOMA
  • 6th place                                                           SEIRINKAN
  • 7th place                                                           KOYO
  • 8th place                                                           OTSURYOKUYO B

================

以上のチームが準々決勝に進出しました。

準々決勝に惜しくも進出できなかった9位~12位のチーム対象に、

今回特別に大阪府立大学 学長賞 争奪戦が行われることとなりました。

================

  • 9th place                                                          HIRANO B
  • 10th place                                                        OTSURYOKUYO A
  • 11th place                                                        HIRANO A
  • 12th place                                                        SEISHIN A

================

また、ジャッジについても評価に基づいて14名が2日目のジャッジを担当することとなりました。

準々決勝の準備時間には、

第4ラウンドの論題:Same-sex marriage should be legalized.(同性婚を合法化すべきだ。)について、

専門家の大阪府立大学 東優子教授によるショートレクチャーを受けました。

いろいろな価値観・考え方、また具体的な事例紹介があり、より知見が深まりました。

準々決勝の始まりです!白熱した議論が繰り広げられます。

論題は、Genetically modified food brings more benefits than harm.

(遺伝子組み換え食品は害より利益をもたらす。)です。

準々決勝の結果が発表されました。

================

KOYO

SHIBUYA B

TSUKUKOMA

SHIBUYA A

================

・・・以上のチームが準決勝に進出しました。

準決勝の準備時間には、

準々決勝ラウンドの論題Genetically modified food brings more benefits than harm.

(遺伝子組み換え食品は害より利益をもたらす。)について、

専門家の大阪府立大学 山口夕准教授によるショートレクチャーを受けました。

専門研究者による解説には生徒も先生も真剣にメモをとっていました。

準決勝の始まりです!観客が多くいる中、真剣に議論がなされました。

論題は、Court trials should be broadcast live. (裁判を中継すべきだ。)です。

緊張の中、勝者発表です。

決勝進出チームは・・・

================

SHIBUYA AとKOYO Bとなりました!

================

決勝は、じゃんけんで勝った方がGovernment(肯定側)となります。

決勝の準備時間には、

準決勝ラウンドの論題:Court trials should be broadcast live.   (裁判を中継すべきだ。)について、

メディアから朝日新聞社・新聞記者の日高奈緒氏(東京大学英語ディベート部OG)による

ショートレクチャーを受けました。

ロサンゼルスからビデオ通話による遠隔講義です。

決勝の始まりです!!舞台の上で、熱い議論が構築されました。

全国大会【表彰式】へ続く。