2018年8月10日(金)~11日(土)ホテルフクラシア大阪ベイにて

PDA全国高校 即興型英語ディベート合宿・大会2018を開催しました。

報告書はこちら(PDF)

◆結果

チーム賞(授業の部)
優勝: 神戸市立葺合高等学校B
準優勝:福井県立藤島高等学校A
3位: 神戸市立葺合高等学校A、福井県立藤島高等学校B

チーム賞(課外活動の部(初心者))
優勝: 神戸大学附属中等教育学校A
準優勝:大阪府立豊中高等学校B

チーム賞(課外活動の部(一般))
優勝: 長野県松本県ケ丘高等学校B
準優勝:浅野高等学校B
3位: 浅野高等学校A, C

チーム賞(教員の部)
優勝:  [栄光、関西創価、柏陽、球陽]チーム
準優勝:[前橋、元浅野、熊本第二、梅光]チーム

◆論題(論題は、毎回ディベート開始15分前にはじめて発表されます):

論題1:All schools should be co-education.
    (すべての学校は共学にすべきである。)
論題2:Corporal punishment should be allowed in schools.
    (学校において体罰は認められるべきだ。)
論題3:We should impose a tax on the usage of SNS.
    (SNS使用に課税すべきだ。)
論題4:Japan should legalize active euthanasia.
    (日本は積極的安楽死を合法化すべきだ。)
論題5:School lawyers should be set to all schools.
    (全学校にスクールロイヤーを設置すべきである。)
論題6:Casinos in Japan will give us benefit than harm.
    (カジノは日本に害より利益をもたらす。)
論題7:Overtime regulations will enrich Japan.
    (残業規制は日本を豊かにする。)
論題8:We should ease the reception of foreign caregivers considerably.
    (外国人介護士の受け入れを大幅に緩和すべきである。)
論題9:Plea bargaining will do more harm than good.
    (司法取引は害よりも利益をもたらす。)