PDA関西公立高等学校即興型英語ディベート交流大会

参加者の声(アンケートより抜粋)

 ・自分の言いたいことを英語に直して発表するのは難しかったけど、またやりたいと思った。

・日本語でもすぐに意見をまとめるのが難しいものを英語でするというのはやはり難しいけれど、実際の英会話は相手の話を聞いたうえでの応答なので、必要な力だなと実感させられました。

・普段英語を話す機会はあまりなく、英語力の向上に効果的だと身をもって感じました。短い時間ですが、脳をフル回転させて考えるのは楽しかったです。

・頑張ってリスニングをするが、聴き取れないワードがあると、焦って簡単な文も聴き取れなくなってしまった。この経験を活かして、少し聞き取れなくても焦らずに他の文から聞き取れなかったところを推測する力を身に着けようと思った。これは受験にも役立つことであり、貴重な経験が出来たと思う。

・普段ではできない、英語でのディベートをできて、いい経験になった。自分が主張したいことを英語で即興に話す経験は今後にも活きていくと思うので、ディベートに参加出来てよかった。

・僕は、苦手教科が英語であまり積極的に英語学習に取り組んでこなかったけど、初めて英語が楽しいと思えた。素晴らしい経験の場を提供してきただかありがとうございました。

・1回だけでは変わらないとか意味ないとか下手だからとか思ってあまり乗り気ではありませんでした。考えていた通り、聞く、話す、考えるの同時作業が難しかったですが、担当してくださった先生がこんなふうに言ったらいいよって詳しく言ってくれて不安な気持ちも薄れて、みんなでがんばろう!と楽しい気持ちが大きくなりました。

・また、やりたいと思えるほど楽しかったです。

・人前で話すのは緊張しました。しかし、限られた時間の中で意見を考えるのはやりがいを感じました。また、良い意見を持っていても、順序立てて話さなければ説得力に欠けると思いました。構成を考えて話すことの大切さを実感しました。

・英語で反論したり自分の意見を言うことはすごく難しかったですが、英語をもっと話せるようになりたいなと思いましたし、すごく楽しかったです。

・今日初めて即興型英語ディベートを経験し、緊張して言いたいことが抜けてしまって間が持たなかったこともありましたが、自分が持てる英語力や構文力を駆使して相手に考えを伝えることの楽しさを学べました。

・時間的に非常に厳しかったが、これを続ければ英語力がかなり伸びそうだと思った。